店舗型風俗の減少

風俗の新規開店が無店舗型ばかりとなっていますが、店舗型の風俗は規制が多く、新規出店は難しくなっているようです。

最近は無店舗のデリヘルを利用する方が増え、風俗街へ出向く男性も少なくなっているように思われるのですが、予算が少ない時は、ファッションヘルスを利用するのが一番ですよね。

しかし、利用するお客さんが減るとヘルスも閉店せざるを得ない状況になってしまう可能性もあります。
そのため、老舗であるヘルスも様々なキャンペーンを実施し、ネット上で集客を得るための宣伝活動を行っています。

風俗店はチラシなどの配布が禁止されているため、ネット上で18歳以上を指定して「ホームページ」を運営するようになっています。

昔は呼び込みに対する取り締まりも少なかったんですが、今は「客引き」行為が全面的に禁止されているので、ネット上での活動をする店舗が増えているんです。

風俗街に客引きがいなくて困った・・という男性もいらっしゃるようですが、今の時代に客引きについて行くのはとてもキケンです。
違法な営業活動をしているという事ですから、お店も違法経営をしているかもしれません。
何かあればトラブルに巻き込まれますので、そういうお店は利用しないよう気をつけてくださいね。

安全なお店かどうかの見極め方

風俗店は届出をして営業する必要があるのですが、「営業許可」ではなく営業するための「届出」をするだけでいいので、デリヘル・ホテヘルという風俗も増えていますよね?

事務所・待機所の設置だけで営業する事ができるようになるので、最近では「無店舗型性風俗特殊営業」という風俗店が増えているのです。

店舗でのサービスではないので、男性もすごく魅力的に感じているのではないかと思われるのですが、ホテヘルの場合はお店が指定するホテルでのプレイとなりますので、ホテヘルを自宅に呼べるかどうかの「問い合わせ」をするのはやめましょう。

自宅に呼べるのはデリヘルです。
受付からプレイまで自宅でOKなので、恥ずかしがり屋の男性も気軽に利用する事ができます。

そのため、昔よりも多くの男性が風俗遊びを楽しむようになっているんですが、デリヘルを呼ぶ部屋は第三者の出入りがない部屋となりますので、家族と「同居中」とか、彼女と「同棲中」というような場所に呼ぶ事はできません。

こういうことを秘密にして呼ぶ方もいらっしゃるようなんですが、鉢合わせしたりすると大変ですので、安心感たっぷりのラブホテルで遊んでいただきたいと思います。

更新情報

2014-10-02
運営者情報の情報を更新しました。
2014-09-19
店舗型風俗の減少を新規投稿しました。
2014-09-19
サイトマップを新規投稿しました。
ページ上に戻る